じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

物語のあるアナログ製品

f:id:ocasira:20131008222916j:plain
1カ月も経たないけど、

今日はカエルのFrankと兵隊のTrevorを自宅に迎えました。
Frankはバク転がやめられなくて、じっとしてられない、フォー!、
Trevorは俺みたいなクールで勇敢なソルジャーの護衛を潜り抜けられる奴はいねぇぜ?
みたいな自己紹介がついています。

このZ WindUpsシリーズのゼンマイ仕掛けトイは、
動きが巧みなものがたくさんあって
かなり魅了されています。

アコ用に買ってはいるものの、
なるべく面白い動きをするものを選んでいて、

どうやってアナログ仕掛けで
そういう動きができるのか考える材料になるといいなぁ、
と思っています。

一つ一つのキャラクターに名前が付いていて、
そういうのも面白いのです。

兵隊のトシオ、
カエルのマモル、
ウミガメのケンジ、
パンダのノブヒロ、みたいな感じ。

因みに前述のパンダはBruno、
ウミガメはTopazという名前です。

このカエルのFrankがすごくて、
林家キクゾウ似のおとなしそうな顔して、
ジャニーズなんか目じゃないバク転をします。

魅力的な子がいっぱいいるので、
売り場で実際に動かして、選抜してくるわけです。

機会があったらみなさんもお店で触ってみて欲しいです。

企業に興味を抱いてWebをチェックしたら、
その理念に心を打たれて更にファンになっちゃいました。

Our goal is to bring back the simplicity and innovation of toys. 

我々のゴールは、おもちゃにシンプルさと革新を取り戻すこと、だと。

ピーピコ、ピーピコ電子的な
デジタル過多なオモチャも多いですが、

私はデジタル社会に生きながらも、
アナログ崇拝&回帰主義です。
広告を非表示にする