じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

最後のエビ

f:id:ocasira:20131022201202j:plain 
1週間前に
メダカ水槽の掃除屋さんとして買ったエビ4匹。

赤を2匹と黄色を2匹。

買った数日後に赤いのが1匹、
そのまた数日後に黄色いのが1匹、

今日また赤いのが1匹、

1週間の内に
どんどん死んでいきました。

メダカは元気。

水温変化も少ない室内チーム水槽に投入したにも拘らず、

何が合わなかったのでしょうか、
寿命でしょうか。

エビ(シュリンプ)を飼うのは初めてだったので、
なんとも短命な結末にガッカリ。

残り1匹も時間の問題ではないかと
死を予感してしまう。

1匹350円〜380円です。

死んだ姿は食用の小エビのようなもの。
特に赤いのは。

体長1cmあるか無いかの生き物。

似たようなエビでも高いものは19800円とかですよ!
1980円じゃないですよ、万ですよ!?

小さくて凄く高価って、
ダイヤモンドとか硬い宝石、貴金属を想像するけど、

ああいう生ものであるエビとか、
小さ過ぎて、フニャフニャ過ぎて
悔しいだろうなぁ、死んだら。
いくら希少でも
2万近く払える気が知れない。

300円そこらでも悔しいのに。

命に価格を重ねてあれこれ考えるのは
なんだか不謹慎な気がしますけど、

あっけなかったなぁ。

最後の黄色エビには、
頑張って欲しいものです。



広告を非表示にする