じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

平和な家族の思い出

f:id:ocasira:20131114222934j:plain
我が子と姪と甥の寝顔と富士山の画像です。

何年ぶりにみた富士山だろう?

バランス良く綺麗な雲がかかっていました。

そして
何年ぶりの実家の家族での旅行だろう?

最後は1999年だったか、、、
わ、その時も高速道路から富士山をみたなぁ。

その時のビデオ映像が残っていて、
MISIAの曲がBGMの富士山映像でした。
(ハイテンポチューンで全然富士山と合ってなかった)

私がLondonで肝機能ぶっ飛んで体を壊して
緊急療養帰国中の旅行でした。

今回は数年前の母の退職のお祝いに
私達娘達が招待される形の旅行です。

全く親孝行どころか、
バブリーなママに未だにお世話になっている
甲斐性無し娘達状態です。

私と妹の子供達同伴で(1歳児と3歳児)
よくいえば賑やか、
悪く言えば騒がしくてドタバタ落ち着かない
ひっちゃかめっちゃか状態で、

折角のお宿のお料理タイムも
自室にてとはいえギャンギャンギャンギャン。

食事中にぐずられ、こぼされ、
絡まれ、冷や冷やさせられ、
ウンチされ、暴れられ、
うるさいうるさい、
あっちでこっちで
ひっちゃかめっちゃか。

でも
これが幸せなのだということを
噛みしめています。

自分が子供の頃も
年に2回は必ず旅行連れて行ってもらって、
時にはいとこ達の家族と、
そのいとこ達のいとこ達家族も大集合して温泉旅行とか、

親達の大変さなんて子知らず状態だったけど、
子供がいっぱいワイワイガヤガヤな状況は
とっても幸せで平和なことなんだなぁ、と

自分が親の立場になって改めてしみじみ感じます。

ベッドや布団の上で
はしゃぎ回ってでんぐり返しをしたり、
歌ったり踊ったりする乳幼児3人を微笑ましく見守る立場、、、

旅行のドライバーは必ず父だったのに、
今では妹が大きなレンタカーの運転手を務めて
次世代っ子達を乗せて、、、

こんな時が来たんだねぇ、と
妹としみじみ。



広告を非表示にする