じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

こどもちゃれんじを続けるか否か

f:id:ocasira:20131122235855j:plain
アコは現在1歳9カ月です。

さてさて届きましたよベネッセから、
「オラオラ続けんのか?辞めるんか〜?」的な案内が、、、。

「2週間以内に意思表示しないと、
お宅のクレジットカードから1年分一括引き落としするからな!!」という趣旨の内容が
請求予定でございます〜、という口調で届きました。

上記口調はあくまで私の個人的解釈ですので、
あしからず、笑。

こどもちゃれんじに関して、
1歳のうちだけやって2歳からは辞めた、という声が
私の周囲には多いです。

なので何となく私も辞めるのかなぁみたいな雰囲気でいたのですが、
私自身、しまじろうをダサいと思いながらも、
しまじろうの影響力には一目置いていますし、

依然として、
適切な時期に適切なアイテムを買い与える自信がないのと、
年額で19800円は躊躇する程の額でもないので、

しまじろうはとりあえずもう1年続行するつもりです。


アコにとって「3歳」になるまでの
12カ月のカウントダウン期間でもあるので、
この時期は先行投資で多少濃厚に取り扱った方が、
後々後悔もないと思うので、、、。

ベビーパークの先生からは
体験レッスンの時に、

「しまじろうも他のお習い事を全部辞めて、
ベビーパーク一本で大丈夫です!」と言われましたが、

ベビーパークは家庭用のオモチャや教材の作り方を紹介をしてはいるものの、
やはりこどもちゃれんじの毎月届く本や教材的なものは存在しません。

ベビーパークで学んだ内容を自宅で実践したとしても、
やはりプラスαでこどもちゃれんじみたいな教材があるとやり易いなぁ、と感じます。

別にしまじろうに拘らないので、
市販に類似品があればそれで良いとも思いますが、
いちいち毎月買いに行かないだろうし、忘れるだろうし、

私にとってこどもちゃれんじは、
サプリメントの毎月届く定期購入みたいな感覚ですね。

放っておいてもやって来る、、、。

こどもちゃれんじの案内に、
「うちの子、天才?」という瞬間がいっぱいの1年と書いてありましたが、
いやぁ、、、天才って言葉を世間は安易に使い過ぎだなと思う
ひねくれ者の母親がここに一人おります。

子供の成長は嬉しいし、
いろいろな言葉を交えた日々の変化が
最近は特に楽しいし、

しょっ中、
スゴイねスゴイね、スーゴーイー!と褒めていますが、
それも計算の上で大袈裟にやっています(いやらしい、、、笑)。

でも到底「天才」という表現を使うことは無いと思います。

この時期の脳の状態を理解して、
この体験をインプットすれば
この結果がアウトプットされてくるんだ、といった感じの
冷静な気持ちで落ち着いてアコの成長具合を観察して行きたいです。

アコは最近ABCの歌を良く聴き、また歌っていて、
とても可愛く、面白く、嬉しく思うのですが、
これもまた「成長」であって決して「天才」ではないですし、
それもアコの中で視聴体験時間の一定量を迎えた結果だと思います。

私はただでさえKY人間なので、
親バカ発言、行動をとってしまわないように気を付けています。

実家の近所に、
いつもいつも長々と一方的に
孫の自慢話ばかりしているバアさんが居て、

周囲にウザがられていて、
子供の世界から見ていても、
その孫は何もすごかないし、
現実を知らんイタイバアさんだと常々感じていたので、

あの人こそ私の反面教師です。

さて、話は戻って
例えばこのABCの歌を仮に
生まれてから本当に毎日毎日欠かさず聞かせ続けていたら、
一体いつ頃アウトプットが始まっていたんだろう〜、と思います。


こういう思いがあると、
予習復習みたいなノリでやはり2人目の子供で実験したくなるものですね。

ということで、
また支離滅裂気味に長々語ってしまいましたが、
とりあえずしまじろうは続けます。

でも進研ゼミまで引っ張られるつもりはないですよ、、、笑。



広告を非表示にする