じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

縦割り保育

f:id:ocasira:20131210154449j:plain
最近、アコに大泣きされることが無いから
なんだかとても平和な日々が続いている気がします。

可愛いなぁ、と純粋に思える頻度も
増えました。

いままでは
他の親達がいちいち可愛いと
騒ぐようなことでも、

自分はドライだったように思えますが、

最近は
いろんな仕草や言動を見聞きして、
面白くて可愛くて、

「可愛くてしょうがない」という気持ちが
ちょっと解ったような気がします。

でも「うちの子が一番可愛い」的スタンスではないので、
よその子達も可愛いなぁって良く思っています。

子供が好き、と言うと殆ど意外がられて生きてきましたが、
私は昔から子供が好きです。

キツくてサバサバしているように見られるためらしいですが、
まぁ、キツさもサバサバさもありますが、
子供は好きです。

さてやっと本題に入りますが、、、。

1歳10カ月のアコは
近所のモール内の託児所がやっている
無認可保育園に通っているわけですが、

そこは公立の保育園と違って
クラスも何もないので、
1歳から5歳ぐらいまでの全年齢の子達が
一緒くたになって過ごしています。

月極めの子達も
一時保育の子達も一緒です。

この「縦割り保育」って
アコ発育に効果的だなぁ、と思うわけです。

先日迎えに行ったら、
3歳児の女の子達4人に混ざって、

皆手提げバッグ風のものを手に下げて、
キャーキャー走り回ったり集まったりしていました。

すっごく楽しそう。

先生が「女子会やってますよ、笑」と解説してくれました。

もうきちんと話せて、
私にいろいろ見せて
状況を説明してくれるような3歳のお姉さん達と
つるんでいて、笑、

最近は言葉や仕草も、
絶対に保育園からの輸入だと思われるものが多々あります。

「ねぇねぇ〜」とぽんぽんして話しかけてきたり、
顔をフグ状態にして「これアコちゃんのっ!」と威嚇してきたり、
その他もいろいろ。

どういう言葉や仕草を覚えて欲しい、欲しくないというような
私の思いなんて全く効力をなさない状況なので、
そこはまぁ諦めています。

夏に預け出した当初は、
私の育児ストレスを軽減するための目的でしたが、
今となるとなんだか保育園もお習い事に匹敵するような気がしています。

この年齢区別の無い保育環境で学ぶことや
それによる自然な成長って、

私の力だけでは提供出来ないと思うので、

本当は月々の保育料をケチりたいけれども、
通わせるメリット大なのかなぁ、とも思っています。

できればもう少し保育の日数を減らせればいいのになぁ。
月に7ー10日間ぐらいでちょうどいいんだけど。



広告を非表示にする