じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

電車とバギー

f:id:ocasira:20131215233320j:plain
この週末、
初めてアコをバギーに乗せて
オール徒歩&電車で実家に帰ってみました。

100km離れているので、
普段は高速道路を使って車で行きます。

過去にまだアコが軽い頃、
エルゴの抱っこ紐で
実家へ電車帰省したことがありますが、
それも一度だけでした。

今回はオットが車を使用する用事と被ったのと、
アコが1歳10カ月で
ようやく10kgに突入してきて抱っこがキツくなってきて、
自分が最近やっとうちのバギーに対して
フレンドリーになってきたのもあって、
気分転換に、と思って決行してみました。

バリアフリー途上国の日本、
いろいろな所でバリアフリー設備を設けていても、
ほんと、肝心な駅とか公共交通機関への通路とか、
街中〜とかそういう箇所の詰めが甘い、というか、、、

後付けでバリアフリーに変えるのは大変だから、
いつまで経ってもお粗末な感じ、っていう現実があるんでしょうが、

バギー、ベビーカーで
そのやり辛さを感じて初めて、
車イスの人達の苦労がわかったという親御さんたちは
少なくありません、私も含めて。

あと
電車でバギーが迷惑がられる、っていう話を
ニュースヘッドラインで何度か目にしてきました。

そんなこと言ったらAir Buggyなんて
迷惑に思うひとにとっては最悪な巨体だろうなぁ、と思いつつ
行き帰りで、金曜夕方のラッシュアワーと日曜の夕方に
乗車してきました。

金曜夕方ラッシュアワーは
みんなみんながスマートフォンを黙々といじっていて、
ギュウギュウと殺伐とした空気の中、
バギー分のスペースに守られているアコは
♪キーラーキーラーヒーカーリュー、、、と
まるでそのデジタル群衆に対抗するかのような大声で歌い出しました。

あぁ、もっと歌え歌え〜と思いました、笑。

行きも帰りも特に嫌な思いはしませんでした、
私がKYなのかな?

なんか迷惑そうに見ているおじさんやおばさんがいる気がしても、
少し経ってもう一度見てみると、
アコを見てその人達の顔が緩んでいるので、
あ、私の被害妄想だったかも、と思ったり。

若い高校生みたいな子達や、
若いサラリーマンの人達からも
アコを見て「めっちゃカワイイ」という声が聞こえてくると、
嬉しくなっちゃいます、
あァ良かった〜、って、笑。

風貌なんて
これからどう変化していくか分からない上、
生まれた当初は間寛平似で
カンペイチャンと呼んでいたぐらいなので、

もしかしてそれが今だけでも、
カワイイと言われている時期があったという事実は
大切にしていかなければいけません。

帰りの電車では、
某宗教の地域大会帰りのおばちゃん達が
どわーっと乗り込んできて、

やはりアコをきっかけに話しかけられるので、
おばちゃん達と子育て話などをしていたのですが、
勧誘とまでは行かなかったですが、
その宗教のリーフレットを渡されて、
聖書を読むといい的な流れに、、、笑。

「私は結構考えが仏教的らしいので、、、
でもどの宗教で謙虚さが大事なのは共通してますよね。」

なーんて、自然に言った自分が居たんですが、
「お、この排他的ではないやんわりご遠慮発言、アタイ、ナイス!」
なんて思ってしまいました、笑。

別に何の宗教も信仰しておらんのですが、
そういうことですよ、はい。

後は
電車の後半戦で、
ちょーっと挙動がおかしいっぽい目がギラギラした男性が居て、
まぁ悪い人じゃないんでしょうけど、
一般的に見たら人はちょっと彼を避けるだろう的な人が、

アコをすごく可愛がってくれて
すーごくすーごくニコニコ笑いかけて手を振って、
ギラギラした目と大きい顔で迫り来る迫力だったので、

さすがのアコも引き気味で、、、。

私はそういう人に対する耐性があるので平気なのですが、
周囲から気の毒がられている感じの空気を感じました。

私は
いろんな人と会うのも好きだし、
誰とでもすぐ話を始める方なので、
やっぱり電車は好きですねぇ。

アコがいると
犬の散歩と同じだ、って確かだいぶ前に言っていた気がする、、、。

会話のきっかけが生まれやすくて、
話しかけられて楽しいって。

何歳ぐらいまでだろうかなぁ?

カワイイ犬の散歩時と同じ現象を保てるように、
魅力的な子供の雰囲気を保てるように、
親、努力します。







広告を非表示にする