じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

水栽培の寄せ植え的な、、、

f:id:ocasira:20131217001717j:plain
季節もすっかり冬になり、
水栽培の顔ぶれも寂しくなってきました。

ポーチュラカ↓も、もう花を咲かせません。

屋内水栽培でも
なんだかシナシナになってきて、
暖かくなるまで水栽培でやっていけるのか実験開始です。

バルコニーにも結局まだ
鉢植えでポーチュラカチームは置いたままです。

花は咲かせないけど、
小さい葉っぱの芽がいっぱい出てきて、
なんだか違うステージが始まった感じなので
そのまま外で様子を見てみます。

画像は
この時期の水栽培の精鋭達です。

土に植え付けた時に余って
物置に入れてあったクロッカスの球根が、
少〜し発根していたので、

よっし!と思って水に浸け始めました。

初秋の頃、
パッケージに水栽培も出来ると書いてあったので買ったのですが、
水に浸けてみてもニンニクみたいにすぐ発根しなかったので、
知識も自信も無い私は、
時期尚早なのかな、と思って
クロッカスを水に浸けるのをやめていたのです。

後は
リシマキア↓。
これがほんと優秀な子で、、、。

鉢植えより水栽培の方が元気で、
屋内外両方のメダカ水槽にも、
玄関外の水栽培にも、
窓の無い暗いトイレでも
青々と活躍中です。

一番大きな葉っぱは、
多分、ポトス?

私とオットが付き合い始めて間もない2009年に、
雑貨屋で買ったハイドロカルチャーの末裔です。

最初はもう少し量があったのですが、

段々とシェアが狭まって行き、
土に植えてみたり、
また水に戻してみたり、
メネデールを使ってみたりと
いろいろしながら延命して今に至ります。

そんな中、
こんな風に水栽培で
他の葉っぱ達と一緒に入れた今が、
一番調子がいい感じです。

土の中と違って
栄養を取り合うとかが無いのかな?

逆に皆で助け合っているのかな?

なんかお互い根から栄養を水中に放出しているのかな?

「がんばろうね!」「うん、がんばろうね!」みたいな
事になっているのかな、乗合バスの中で、
選ばれた異種同士で一致団結できているかのような、

なんかこの水栽培チームには
覇気があるように感じます。

いい子達が揃った良いクラスが出来た感じです。

そこには良いエネルギーが流れているんだと思います。


広告を非表示にする