じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

我が子の誕生日=自分の出産記念日

f:id:ocasira:20140203170429j:plain
今日2月3日は
アコの誕生日です。

今日から2歳です。

子供を持つお母さんなら
皆同じかもしれませんが、

誕生以来、
1歳で1回目の誕生日、
2歳で2回目の誕生日、

とりあえず毎回、
出産に至るまでの経緯を思い出しますね。

この感覚、この先何年続くのだろう。

アコは夜の19:33に
私の中から外界に脱出成功しました。

今頃、夕刻17時過ぎとかは、
もう私が陣痛でわけわからなくなっている最中ですね。

もうはよ終わってくれ、とだけ思っていました。

繰り返し押しては引く痛みの波と付き合いながら
ヘトヘト。

分娩室に入ってすぐ生まれたからなのか?
その時「超安産」と言われましたが、
私は未だに安産の定義が良く分からず、
何をもって安産と言うのか「?」です。

とりあえず何か痛いぞ?と思い始めたのが
前夜の夜中2時頃で、

朝、、、病院行った方がいいかねぇ、という感じで
昼前に病院に行って、
なんか赤子の心拍音が微妙だから
帝王切開になるかもとか言われて、
機械をお腹に着けて、

あっという間に午後、

それからもうなんか
本気モード陣痛がどんどん来て、

でも子宮口が開かないとかなんとかで、

母に背中をさすられながら、
どのポーズがどの呼吸が一番楽か
あれやこれや研究しながら

意識朦朧となって
気付いたら
車椅子に乗せられ
院内に漂う晩御飯の香りを感じながら分娩台へ、


そして30分ぐらいで生まれたとか
そんな感じ。

もうずっとずっと一日中気になっていたのは、
今日ウンチが出ていない事でした。。。

妹の出産の時は
病院は違うけど、
浣腸をして出しておいたと聞いていたので、

もうそれをまだ済ませていないのに、
いいの?
いいの?
いいのおおおおおお???!!!
という叫びに近い思いをずっと引っ張っていました。

なので出産後にすぐ聞きました。

私、
出てませんでした?って、笑。

出ていないと言われたけど、
ね、
知らんよね、
助産師さんの優しさかもしれんしね、笑。

と、、、

子供の誕生日には
こうやっていちいち思い出すんですかね、皆さん?



さぁ、前述ストーリーによって
この世に登場した当時 間寛平チャン似のアコは、

今日は名古屋市内の
写真館で記念撮影をしてきました。

私と朝から電車に乗って行ってきました。

いつも通り
人見知りがなくノリノリなアコなので、
撮影も超順調に進み、
とってもスムースに終了しました。

5000円ぐらいかなぁ〜、と思って行ったら、
4万円超えてしまったのは、

なんだか結婚式の頃を思い出しますね。

潔く潔く消去法で
この写真要らん、要らんってバッサバッサ決断しているつもりなのに、
それでもなおここまでかかる。

ケチじゃない人だったら、
もっと高くなりますね、すぐ!

写真業界の
この「くすぐり商法」は本当にズルいです、
でもしょうがないですね、商売ですもんね。

フィルムじゃなくて
デジタルになってからは、
記念撮影商売もだいぶ体系が変わってきたんでしょうね。

一眼レフカメラを持っていても、
あんないろんなセットを自分で再現するのは困難ですもんねぇ。

自分で同じものを再現出来る自信が無い物事に対しては、
対価は惜しまない、、でも
次回はもう少し作戦練って行こう。

今回も
土壇場の駆け込みで
2日前ぐらいに滑り込み予約しました、笑。

いい感じの写真を
今度、親バカシェアさせてください。


ふぅ、、、
誕生日当日は
とりあえずコレで終了〜!

誕生日プレゼントも決めていません。
ケーキ、、、
オットが休みの日に合わせて、
なんか用意するつもりです。

今日は、
豆まきでもします。

節分なので、一応。



広告を非表示にする