じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

ふらっとNHKふれあいホールへ、って憧れる〜

f:id:ocasira:20140209224810j:plain
毎日
時間は特にきっちり定まっていないが、
NHK FMをかける機会が沢山あります。

ほんっと〜うに
いろんないろんなジャンルがかかるので、

バランス良く
いろんな感覚が生まれて、
本当にありがたいステーションです。

局っていう表現の方が似合いますね。

時々Jazz番組に出くわします。

それがまた何曜日の何時とか
どんな番組かも意識せずに居たのですが、

さっき初めて調べてみたら、
日曜夜の番組で金曜午前に再放送をしているとのこと。

NHKふれあいホールで公開収録をしているそうで。

1978年からの番組って
これまた歴史がある!!!私とほぼ同い年ですよ。

こういう長寿番組だという事実に
私、弱いですねぇ。

なんか気になった男性が
実は◯◯だった!みたいな
キラーアタック、
良い意味でのトドメを刺された気分です。

このNHKの渋さの魅力に気付き始めた
30代後半、、、。

ギャンギャンピーピーうるさい
欧米かぶれのミーハー局より、
なんと深みと中身のあることか、、、。

NHKふれあいホール、、、
「是非一度、収録を観覧しにいらして下さい。」
もう、この落ち着いた一文がまたときめきます。

行きます行きますいきまーす!!!って
ハイハイハイー!っていう気分。

でも東京都渋谷区ですか。

そうですよね。

そうですよね。

ふらりと行ける場所じゃないわ。

我が家はすぐお隣にショッピングモールがあって、

そこでご当地アイドルの定期公演や
(最初は否定的だったのに、
頑張る彼女達の姿とヲタファンの方々を継続的に目にしていると、
段々愛着めいた、どこか自分の中に浸透してきた感が否めない今日この頃)
ニコンサート的な事をするスペースはあるけれど、

あそこでジャズコンサートとかもいいなぁ。
でもちゃんと音響設備がしっかりしたホールで聴きたいなぁ。

近所に劇場というかホールがあるのは
素晴らしいことですよね、憧れるなぁ。

昔、英国在住時代、
Cambridgeに住んでいた頃に
Jungle、Drum&bassにはまっていて通っていたイベントが
開催されていた施設は
確か市も絡んでいて、

とにかく巨大なヴェニューなんですが
Clubとしても巨大、
でもその同じスペースは
劇場やワークショップとか
いろんな事に使われて、
老若男女、ジャンルも様々、
本当に皆に親しまれていた施設でした。

何年ぶりかにWeb検索してみました。
当時は1996年とかで
私もまださすがにインターネットデビューはしていませんでした。

こちら↓。やっぱり日本とは違いますね、こういう施設、
日本国内、何処かに探せばあるのかな。


また話があっちこっち行きました。
そんな間もずっと
素敵なJazzが流れ続けています、いいですね。

ピアノもやり直すなら
Jazzがいいですね、少し夢が生まれました。

NHK FMは何かと
ポジティヴインフルエンスを与えてくれます、ありがとう。


広告を非表示にする