じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

ディズニー英語システムの小さな気遣いに感心

f:id:ocasira:20140303170021j:plain
先日
DMをはじめとする
ベネッセの勧誘の執拗さについて書いた時に、↓
ベネッセに不快感を覚えるわけは - じぶんかたろぐー自分語logー

たまたまアコがディズニーの英語システムのサンプル教材を

取り出してきて、


その時のベネッセDMにうんざりした気持ちと

すごく対照的なディズニー教材に対する感動があったので、

一緒に書こうと思っていた事がありました。


画像を見ていただきたいのですが、

冊子の中央ページには

一般的にホチキス留めが露出する部分があります。


そこにさりげなく透明の丸いシールが貼ってあるのです。


小さな子供が引っ掛けてしまわないように、

危険を事前予測したすごくきめ細かい小さな心遣いです。


うちはその同じ冊子が2冊あります。

妊娠中の資料請求の際にもらったサンプルと

最近の近所のモールでやっていた勧誘キャンペーンでもらったサンプルです。


内容は微妙〜に歌が違うぐらいでパッと見、同じです。


なので、

最近の物だけ新しくなったから

そういうシール対応を始めたんだろうな、と思って

古い方を確認したら

そちらもきちんと同じ処理がされていました!


なんだかすごく好感度アップです。


うちはディズニーの英語システムを受講していませんし、

ここも広告バンバンガンガンの

商売至上主義の高額教材を売りつけてくる会社みたいなイメージだったのですが、


なんというか

このホチキス針対策の心遣いで

品というか質の高さを感じちゃいました。


「小さなお子さんが安心して遊べるよう

私どもはこういった心遣いをしています。」と

敢えて触れる事も1つのやり方ですが、


そういった事に特に触れることなく

当たり前のように、自然に成されているというところが

キュンキュンポイントです。


だって、

本当に私も何年持っていて初めて気付いたぐらい、

透明だし、気付かないし、さりげないし、


気付かない人もたくさん居るはず。


だからなおさらキュンキュン。


人知れず、

でも当然のように施されている気遣い。


これだけでこんなに好感度を上げている私の感覚が大袈裟ですか?


えー、すごく感動しました。

広告を非表示にする