じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

国会中継を敢えて観てみる

佐村河内守氏の記者会見の徹底検証!とか言って
TV民放各局が騒いでいて、

自分もついつい聞き入り始めてしまうのですが、

おっといけない、
こんな話を延々と聴いて
自分にとって何のメリットがあるのだろう、と自問自答。

ドラマもそうですが、
洗い物や洗濯物の片付けなど
流れ作業をする時に、

FMではなくTVをつける場合、
気をつけるようにしているのがそこです。

佐村河内問題の報道で
知識として得たものは、
殆どありません、実際。

面白いと思って
自分の意識をそちらに向けて話を聞いても、
自分のためにならない内容ばかりなのですね、、、。

通り魔事件や
凶悪事件、
PM2.5問題などなど

なーんか
連日、ニュースがキュウッキュウ詰め詰めに
入れ替わり立ち替わり
新鮮なスキャンダラスな衝撃ネタで、
私達をエンターテインし続け過ぎだろう??!と
感づけるようになりました。

何か視線をそらされている感覚。

あっ!


こんな時は、
国会、国会、っと、、、。

私は
国会のスケジュールとか
時間についての知識も無いので、
いつも国会中継はたまたま観るのですが、

今TVを付けたら、
あー!
やっていた、国会国会。


そして、
やっぱり

原発問題が話し合われていました。


おー、聞いとけ聞いとけですね。
重要、重要。

こういう答弁のサマリーぐらい
報道すればいいのにね、民放各局。

なんか余りにも触れられなさ過ぎて、
逆に馬鹿にされている気がするぐらいです。

それにしても
国会中継を観ていつも思うのだけど、
総理もその周りも
質問されている時のブス〜っとした顔を見ていると、
不信感を覚えるのよね。

国会中継を観ている時、
話者以外の周囲の顔付きを
いつも観察してしまいます。

人の話を聞く態度って大事ですね。

話者に対してイキイキとポジティヴに真剣な目線の人が時々おられます。
どこの党の何さんか知りませんが、
少なくとも真剣に国会に参加してお仕事されている様に映ります。

その他大勢は、
寝ているなんて問題外ですが、
どうなの?って感じの議員、いっぱい居ますね。
(学生時代に講義で寝ていたような人が言うな、と思えてしまいますが
学校の講義と国会は違いますものね。)

私も会社勤め時代に外部のコンサルタントを交えたプロジェクト会議でも
鋭い糾弾に対する言い訳大会みたいな事があったりしましたが、
そういう光景と重なってしまいますね。

嫌そ〜うな顔。

反射的に悪人に見えてきてしまう、笑。

安倍首相の国会答弁の様子がTVで放映されていた時、
アコが
「お父さん、喋ってる〜、お父さん喋ってる〜」
って最近言ったのが、
ど笑えてしょうがなかったのですが、
(確かに似ているのです、顔が、、、笑)

ね、このいわゆる
眉毛が下がった垂れ目の優しそうなお顔が
何か悪い事を含んでいるように見えてしまう、、、

表情って大切ですね、ほんと。

そして最後に、

連日の報道の衝撃度やゴシップ感満載だと感じたら、一度立ち止まって本当に知るべきことは何か、と考える習慣を大切に!!!





広告を非表示にする