じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

夜桜ならぬ夜梅、なばなの里にて

 f:id:ocasira:20140317143802j:plain
東海地方では
毎年必ずメディアで取り上げられる
三重県の「なばなの里」。

なばなの里オフィシャルサイトTOP


オットは仕事で毎年行っていて、

私にもいつか行こうと

多分、付き合っている頃から言っていました。


そして今年遂に実現!


3月末までの招待券があって、

オットの休みの日が近々あるけど

イルミネイションは夜なのに、夕方から雨が降るらしいので

まぁ行かないだろうなぁ、、、と思っていたけど、


当日、全然まだ雨が降らず

雨は夜中から、という予報になったと知り、


じゃあ行くか、という軽いノリで行ってきました。


噂には聞いていましたが

平日なのにすごい人でした。


でも土日祝になったら、

もっとひどくて立ち止まることはできないそうです。


アコがしょっぱなから大興奮で、

イルミネイションは全て「花火」だと思うらしく、

「花火だー、花火だー!」と言った後

"Shoot it up and bang!bang!bang!"

ばっかり早口で連呼してキャーキャー

尻尾を追いかける犬みたいにぐるぐる回って騒いでいました。


Shoot it up...とは1歳の時のこどもちゃれんじDVD収録の

「しまじろう音頭」の英語バージョンの歌詞の一部です。


アコの脳内では

しまじろう音頭映像中に出てくる花火映像と

花火がダイレクトリンクする仕組みが出来上がっているようです。


その歌をしょっ中英語版で流していたので、

こんな面白い現象になったんですね、面白かった、、、。


またあの壊れたロボットみたいな興奮トランス状態のアコを観てみたい。


夜桜ならぬ

夜梅?もすごく鮮やかで見事でした。


梅の花の薫りがむせ返るほどでした。


作り物みたいに本当に綺麗でした。


富士山イルミネイションも

なんか、ご来光〜!!みたいな所もあって、

ピカーン!!とかなって、

荘厳なBGMと共に

これは何かの宗教の祭典かと思えてしまうぐらいでした。


綺麗でしたよ、素晴らしい。


光のトンネルも

あの世に召される時の明るさはこんなものかと思うほど、

超明るくて、

そして皆のお顔が美しく見えるミラクル空間でした。


プロのオット曰く、「そうだね、影ができないからね。」と、納得です。


パチンコ屋の明るさに勝てるのは、

ここしか無いのではないか?


中高年のお客さんも多くて、

じいちゃんばあちゃんの感嘆しているお喋り声って

聞こえてくると癒されるのよねぇ、、、。


三重という関西と中部の境目ならではの、

関西弁も飛び交い遠くに行った気分にもなりました、笑。


そしてカップルの多いこと!

子連れもたくさん居ましたが、カップルカップル!!


ロマンティックになっちゃうねぇ、いいねぇ、いいねぇ、、、って

遠い目、遠い気持ちで思いました。


ウインターイルミネイションは確か、

3月いっぱいだったような気がするので、

興味のある方は上記リンクからお調べを。


昼間も行きたいなぁ。


植木とか園芸関係のお買い物もしたい。

広告を非表示にする