じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

どうしてもタイトルが思い出せない絵本があります

今週のお題特別編「素敵な絵本」


初めて今週のお題、に参加してみます。

というか、この企画に便乗して

もしかして

長年私がどうしても思い出せない絵本のタイトルを、

誰かが教えてくれるかも!という淡い期待を抱きながら、、、


でもこの今週のお題参加も初めてなので、

ただの独り言で終わりそうな淋しい予感もしつつ、、、。


では、私の記憶でヒントを出すので

奇跡的にタイトルがわかった親切な方がいらっしゃったら、

是非コメントで教えて欲しいです。

よろしくお願いします。


その絵本のことは

「木のスプーン」を見る度に思い出します。

天然木製 樺の木 スープスプーン

そのお話ではクマが大中小3匹居たような記憶があります。


木の小屋みたいなところに住んでいて、

それぞれの木の机と椅子があったような、、、。


で、「おかゆ」をその木のスプーンで食べるイメージがあります。

スプーンを「さじ」と呼んでいたかもしれません。


なんか、、、

留守中にそのおかゆを誰かに食べられてしまったのか、

なんかちょっと事件があったような気がします。


このぐらいの断片的な情報しかないんですが、

わかる方いらっしゃいますか?


原作は外国語だったかもしれません、

日本っぽくないお話の空気感でした。


これ、はてなブログに関係なくても

何年も何年も自分の中で解決出来ずモヤモヤし続けているので、

助けて欲しいです、涙。