じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

メダカ稚魚どいっぱい

f:id:ocasira:20140602214532j:plain
この春続々と誕生したメダカ稚魚達は
全員ベランダで飼育中です。

30匹以上は確実に居て
もっと居るけど
もう数えるのが面倒、以前に
もう落ち着いて数えられない感じです。

ウヨウヨ居ます。

昨年秋に
初めてメダカ産卵に遭遇した時は、
寒かったのでずっと室内で管理しており
ある程度まで育ったものの
結局全滅してしまいましたが、

今季は
太陽サンサンな屋外で
日光を浴び
屋外でたくましく過ごす事で、
皆、強い個体へ成長して行くと思います。

先日購入した水草ホテイアオイに付着して来た
サカマキガイ」という巻貝も
産卵している様子。

この貝がまた、、、
リサーチしてみると
世界中に広がってブイブイ言わせている
凄まじい繁殖力のスピード量産種で、
一般的には害虫?扱いで嫌われているようです。

心の準備は出来ています。

「ナメクジは嫌だけど
カタツムリならイイよ」という
短絡的かつ理不尽な差別感覚によって、

貝を装着している限りは
私の中では気持ち悪い扱いにならないので、
部門も作りましょう。

そういえば先日
私に昨秋メダカを下さった豊橋駅前のタバコ屋さんにご挨拶に行きました。

割りと老舗の煙草店でありながら
メダカだけが大量に泳ぐ大きなプラケースが
店内に重ねて置かれて並べられている独特な光景。

一方、
魚の飼育には体長1cmあたり水1L必要というから
彼らは過密中の過密状態だなぁ、と心配になりつつ、

我が家のベランダの稚魚達も
なんだかんだ同じぐらいの過密状況になるので、
ある程度のサイズに育ったら
成魚達の居る大きなメダカ鉢に移しつつ
欲しい方が居たら譲って行きたいです。




広告を非表示にする