じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

近所のツバメの観察

f:id:ocasira:20140612233635j:plain
昨日、近所の花屋さんの
屋外売り場の天井にツバメの巣を見つけました。

いつもそこで流れているメロ〜なBGMに
なんだか鳥のさえずりが加わったような気がしながら
売り場の花を見ていたのですが、

どうも「鳥のさえずり」の様な
爽やかさな心地よい響きとは路線が違って、

ビービーギャーギャーと鳴く感じに気づいてきて、

どこのスピーカーから流れとるんだ?
と思って見上げたら

なんとスピーカーの上に立派なツバメの巣があって、
雛が3羽ぐらい顔を出しているではないですか!

キャーーー!かわいいいいいいいい!!!

すぐさまアコに教えます。

そして見上げていると
親ツバメが餌を運んできて、
また慌ただしく飛び立って行きます。

カッコイイ姿です。
同時に
本当にお疲れ様、という気持ちが湧き上がります、、、。

暫く観察していても
どうも1往復あたり雛1羽分の餌しか持って来られていない感じで、、、

というか、
お母さん(勝手にメスにしておきます)が口移しであげている餌を
雛が「えっと他の子の分があるからぁ、、1/3だけね、、、」なんていう
非本能的な食べ方しませんよねぇ、そりゃそうですよねぇ。

ツバメのお母さん、、、
もう、、、健気、、、涙が出てくる。

アコに教えました。

「ツバメさんはね、
お店にお金を持って行ってご飯を買いに行けないんだよ、
自分で獲りに行かなくちゃいけないんだよ、
大変でしょう?」

「ツバメのお母さん、頑張ってるねぇ、すごいねぇ。」

と。

あんなツバメのお母さんの様に
休む間も無く働き続ける姿を見せつけられて、

私のなんと怠慢な事か、、、と感じさせられました。

いやぁ〜、
ほんっとうに頭が下がる、
すごいなぁ、ツバメ、、、と
本当に心の底から尊敬、感心するのだけれども、

自分はツバメ型じゃないんだなぁ〜、、、と実感して終わりです。
見習おうとは思わないのだけれど、
心打たれたのは確かです。

今後もちょくちょくあの雛達の成長を見守りたいです。



広告を非表示にする