じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

カエルが好〜き〜だ〜よ〜

f:id:ocasira:20140721001809j:plain
カエルってカワイイですよね。

つい最近のカエル関連の出来事もあり↓
変態後の蛙の返還 - じぶんかたろぐー自分語logー

私ってカエルの事がとっても好きなんだなぁ〜、と

きちんと認識した感じがします。


カエルという題材はアジアン雑貨に良く使われるので

アジアン雑貨を好む私の自宅には

カエルの置物などがちょいちょいあるのですが、

そういったデザインされたモノだけではなく

本物の生の姿も好きであってこそ、

本物の好意だと思うのですよね。


例えばブタのイラストが好きだったら

じゃあ本物のブタもよろしくね、っていう感じで。


本物が目の前に現れたら

気持ち悪くて触れない!とか

臭い、とか汚い!だなんて、

そんな都合の良い矛盾発言はどうなんだい??と思うわけです。


とか言って自分の中でも探せば

そういう矛盾があるかもしれないけど、

私は自己矛盾をなるべく撲滅したいポリシーなので

いろいろとシンプルな一貫性にまとめて行きたいです。


さてさて

オットの実家は

とっても長閑な田舎に在るので、
夜の音が快適です。

とても静かな環境で
虫の音、蛙の鳴き声に
満たされています。

オットの実家に到着して車を降りるやいなや、
目の前にキレイな緑色のカエルちゃんを発見!

私は反射的に捕まえてしまいます。

そう言えば
3年前にもオットの親戚宅に初めてご挨拶に行った際
そこのお庭にカエルが居て、
私は正装で追いかけていました。


昨夜はオット実家の浴室の窓の外側で
カエルちゃんがスパイダーマンしていました。
そこには田んぼがあるので。

あの手と肉球?って言っても良いのかな、
あの丸い吸着タイプの指先がキュンキュンポイント。

あの軽やかな跳躍力。

真ん丸の眼。

あーカワイイカワイイカワイイ〜よ〜お〜!
大好きカエルちゃん。
どがわいい。

緑の子、ほんと、カワイイ。
カワイイ。

今晩は記念写真を撮りたくて
周りにブーブー言われながら
オット実家内に一時的に持ち込みさせていただきました。

アコも
「カエルちゃん、カエルちゃん、遊ぼー」とか言っている割りに
いざ触らせようとすると、
「怖い」とか言って
おい、どっちやねん!!という気持ちです、私は。


カエルというと
最近日本でもギフト市場から
ホームセンターませ販売拡大してきているフロッシュを思い出します。

私自身も
昔フロッシュギフトを頂いて、
カエルがキレイな環境の象徴だと知りました。
「フロッシュ」はドイツ語で「カエル」の意味。
環境の変化に敏感なカエルは、その土地の「環境指標」のひとつになっています。

フロッシュ®の生まれる1980年代の半ばに、ヨーロッパでは立て続けに大規模な環境災害が発生しました。そして、1986年4月には「原子力発電開発史上最悪の事故」と呼ばれる、チェルノブイリ原子力発電所の事故が発生。人々の環境保全への意識が高まる中で、環境への負荷を抑えたいという想いからドイツでフロッシュ® は誕生しました。コンセプトの背景にある考え方は「Sustainability(持続可能性)」。環境面をベースに経済面、社会面から、ずっと使い続けられるハウスホールド衛生用品であることを前提に考えられています。


カエルはキレイな環境の中でしか生息できないと言われているので
愛すべき生き物だと思うのです。


広告を非表示にする