読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

金魚のいじめ立場関係は変わる?

雑記 動物
f:id:ocasira:20140822223859j:plain
3カ月近く前に始めた
DV被害者の様な金魚の鶴(白い方)と
DV男の様な蜜柑(オレンジの方)の隔離生活↓のその後をアップデートします。
金魚の世界がDV男女に見えてくる - じぶんかたろぐー自分語logー

隔離当初は

ブラジャー用洗濯ネットを改造した物を使用していましたが、

途中から

少し深めの料理用のステンレスの手付きザルを

代用し始めました。

(画像の中のものとは異なり富士山型に近いものでした。)


洗濯ネットの時より取扱い易いけれど、

空間的に手付きザルの方が狭めで

金属という事もあって正に「牢獄」という感じ。


その狭い空間に閉じ込められた蜜柑を

オットが不憫に思って、

「別の水槽もう1個買おう?」と訴え続けていました。


水換えの時に

試しに鶴と蜜柑を一緒にしてみるものの、

相も変わらず蜜柑が鶴を突つくの突つく〜の

幅寄せ幅寄せ当たり屋〜って感じで、

あぁー、やっぱりダメダメ、って思って

隔離続行していました。


それでもやっぱり

ステンレスの手付きザルで水槽上部が占拠されている様子は

見栄えが良いものではありません。

かと言って1匹の為に水槽一式を増やしたくありません。


そして今回の水換え時に

気まぐれでステンレスザル牢獄を取っ払ってみました。


金魚のいじめ関係は変わらないものなのか?と気になり

期待を込めて観察しています。


蜜柑がいじめっ子で

鶴がいじめられっ子という図式。


そして今回3日間観察していますけど

(DVカップルのシナリオで)

なんだか関係性が変わった様に見えます。


1-2日目は蜜柑が鶴に突っかかるのですが、

この3カ月弱の隔離生活で

(お互いの水中での存在は解っている)

鶴が強くなった気がします。


やられっぱなしで逃げて、ストレスで

免疫を低下させてヒレがボロボロになっていう状況では無さそうです。


なんか、蜜柑に絡まれても

フンッ!って感じで逃げているというか、

突き放す感がありました。


そして隠れ家の中にこもって

蜜柑を避けて、身を潜めている様子。


その間を

全然関係ないメダカが1匹飄々と泳いで行く光景。


それにしても

私が勝手に蜜柑をDV男、鶴を被害者女という設定で見ているけれど、

いい加減もう鶴と蜜柑の性別をもう少し真剣に考えようと思って

性別判別の仕方を調べてみたら、

(生殖器の大きさ、形で見るという難易度の高さ)

なんとなくやっぱり

蜜柑が男で、鶴が女で合っている雰囲気でした。


そして調べていてついでに解った事が、

梅雨の終わり頃が繁殖期という知識で、

もしかしてかつて蜜柑のいじめに見えた行為は

もしかして生殖行為だったのかもしれないという疑念も、、、。


まぁそれでも当時、鶴がボロボロになって

隔離したらみるみるキレイに戻ったんだから、

いじめだろうが生殖行為だろうが

隔離は正解だったとは思います。


そして

晴れて?同じ水中に放たれた2匹、鶴と蜜柑を見ていると、

3日目の今ではもう2匹それぞれが穏やかに泳いでいる印象です。


なんか、、、

蜜柑の人柄(魚柄)が変わってしまった感じ。


いじめっ子といじめられっ子の立場逆転のケースとか

よく有る事かもしれないけど、

鶴は決していじめっ子になってはいません。


これはまさかのまさかの!!!


蜜柑の改心???


一定期間の隔離、牢獄生活で心を改めたのか、、、。

よりを戻そう、戻そうと鶴に迫ったものの、
意外と冷たく、強くあしらわれ
ショックを受けたのかもしれない、、、。

私が今よりも更にもっとDQNだった頃、
手を上げる相手と付き合っていて、
別れては(相手は別れたと思っていない)またくっ付き、の繰り返し、
そしてそんなノリで絆を深めたつもりで結婚しちゃうとか、
しかもそんな事を国際的に繰り広げていたので、

この様に
リアルな再現妄想ドラマを
魚類に当てはめてクリエイトできるんですね。

DV男だって傷付くんです。
心労で倒れちゃったりするんです。

DV男の心理は
子供に手を上げてしまう母親の心理と
共通する部分があると思います。


おとなしくなった蜜柑を見ていて、
いろいろと思いを馳せます。








広告を非表示にする