じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

ウンチをする姿を可愛く思う事

現在2歳半のアコは
家でも外出先でもトイレに行きたいと言って
トイレに行って用を足す事が出来るのですが、
まだ微妙にオムツが取れない状況です。

そんな状況なのですが
私はアコに「ウンチ!」と伝えられて
トイレに付き添って、
アコがウンチをしている最中の顔を観察するのが好きです。

可愛い〜!って思ってしまいます。

あの排便時特有の
完全に真剣顔と表現するには
ちょっとフラフラ感の残る、
あの、微妙な真剣な表情が好きです。

やるぞ〜!いくぞー!みたいな
熱意、闘志溢れる様な顔では無くて、
ちょっと困ったような表情のような、、、。

これは犬も同じで
私は犬の排便時の顔の表情も好きです。

申し訳なさそうな、、、
しかも彼らの場合は原始的なウンチングスタイルだから、
あの丸まった背中とセットでのあの顔はもう情けなくて、
恥ずかしいよね?でも観ていい?みたいな、、、

動物って本能的に
やっぱり排便姿を見られたく無いものなのでしょうか?

でも本当に死活問題だったら怒って威嚇しませんかねぇ。
怒りたいけど、こっちにも集中しないといけないし、って事で
ああいう
「、、、ちょっとおたく、察してくださいよ、、、。」って感じの表情に
落ち着くんですかね。

こういう私みたいな感覚の延長線上にあるのが、
世の中の変態と呼ばれる人達なんでしょうね。


アコや犬の排便時の顔がカワイイ〜と思う感覚を
成人に当てはめて同様にカワイイ〜!と思う感覚は私には幸い皆無ですが、、、汗。


大人同士の変態ごっこはご自由にと思いますが
子供や動物を巻き込む輩は死刑で結構だと思います。



広告を非表示にする