じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

TVをポジティヴに捉える&親の即戦力?

f:id:ocasira:20141103151407j:plain
外出前にキッチンで洗い物をしていて、
アコの待ち時間用にちょっとTVをつけてみたら
たまたま「世界新体操クラブ選手権」というのがやっていて、
アコは早速触発されていました。

TVは物理的理由や(電磁波や光)
内容が粗悪な場合の弊害が気になりがちですが、
TVならではの良さもあるなと感じる事もあります。

こういう純粋なスポーツの観覧には良いですよね。

スポーツでも
演技的なエンターテイメント性のある物。
シンクロナイズドスイミング、
ダンスなどなど。

何に関しても

「本物に触れさせる事が最も理想的」

と私は考えていますが、

それを実現するには時間もお金も必要な中、

今回の様な新体操の場合、

観客席では同じように飛び跳ねてクルクル回る事はできません。


その点
TVとその前に程よいスペースがある我が家の現状は
結構良い環境かも、と思えました。


さて、アコが
むっちゃウズウズしています。

TV画面の美少女達と同じ事をやりたそうです。

画面ではリボン体操の様子が映っていました。

よっし母ちゃん
洗い物をしている手を止めて、
リボンを探しに、、、。

そして棒、何にしよう、、、
マドラー(byダイソー)がどいっぱい余っているから
1本拝借。
(4〜5本入りだったのよ…そんなに要らないんだけど。)

リボンをマドラーに縛って、出来たー!って思ったら
リボン体操終了。

「90秒では足りない素晴らしい演技でしたねぇ。」みたいなTVの解説が聞こえてきて

「90秒以内に思い付いて即席で作った私、グッジョブじゃん。」
と思って自己陶酔していたら、

次はフラフープ(あ、これ体操では何て呼ぶんでしたっけ?フープ?リング?)が始まって、
「アコ、こーれー、無ーいー!」とごね出したので、
「折角リボン作ってやったのに、チッ!」と思いながら、

あぁ、そう言えば、
ベビーパーク時代に教材を真似して作った輪っかがあったと思って引っ張り出す。

間に合ったけれど、
今度はボール演技に!

あー忙し、忙し!笑。

ボールボール、、、アコが自分で出してきたけど、

そして、お次はバトンが、、、
硬い棒を投げられても困るので、
たまたま昨日作って程よく萎んだ長い風船で誤魔化し、、、

そして今度は何、あのジャグリングのボーリングピンみたいなの、
えーとえーと、2本、、、
音が良くて気に入っておもちゃ用に2本買ったゴムの木スリコギ(byダイソー)
「絶対投げちゃいかんよ、投げちゃいかんよ!!?」と言い聞かせて、笑。

(後から考えたら、オランジーナの空き容器を
ボーリングピン風に使っていたやつの方が適任だったなぁ、、、。)

一つひとつの競技時間が非常に短いっ!

一通り即席道具を用意して、
またリボン演技が始まったり
程よくいろいろやり始めたものの、
すぐ表彰式〜みたいになって番組は終わってしまった、、、。

なんか、、、
すごく自分を試されたような気になりました。

そして殆ど終わっていない洗い物を再開、笑。
(こういう風に生きているから、どんどん出発が遅くなります。)


私は生活習慣的にダメな母ちゃんですけども、
こういう分野は自己を高評価しています!
(こういう事を世間では自己満足と呼ぶのでしょう。)
頑張ってる私、頑張った、頑張った!笑

かと言って
何でもかんでも買い与えたくないし、
なるべく物を増やしたくないし、

やはり活きてくるのは

応用力

かと。
活かそう、伸ばそう応用力!

広告を非表示にする