読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

日本最大級とか地域最大品揃えとか、日本一とか、そういう基準

とある文具店を
エリア内に数店舗あるローカルなお店だと思っていたら、
実は日本最大級の大型文具店だったと知って、
「わー!そうだったんだ!」と
なんか改めて噛みしめるというか、
ヘェ〜ってなっちゃう事が最近ありました。

それ以外にも、
これまた地域密着型のスーパーマーケットだと思っていたら、
実は国内最大級の自然食品専門店だったり、

日本初!だったり、

その道の先駆者的な会社だったり、

地域最大級の品揃え!とか

国内最大売り場面積!とか、

日本一売れている!とか、

そういう感じを自称している企業に
ちょくちょく出くわすわけですが、

今日、ふと思ったのです、、、
ああいうのって、あくまで自己申告??って。

日本一カワイイ◯◯屋さん、とか
日本一安いスーツ屋、とか

商品でも
有効成分含有量No.1!
とか
人気No.1とか

但し、、、

(xx年 当社調べ)


であって、
あくまで自分が調べた時はそうでしたよっ!って事で
今はそうじゃないかもしれないけど、知らないけどね、っていうか、

本当にそうなのぉ?なんて重箱の隅をつつくように調べて来て
「最大級は別の◯◯社でしたけど!」とか言ってくる人も居ないだろうし、

それが最大級だと思っていたのが、実際そうじゃなかったから
どういった損害を被るのか、って考えても、
その事で賭け事をしていたとかでもなければ、別にどうでもいい事だろうし、

なんなんでしょうね?

ああいう日本一!最大級!一番人気!とかいう文句がコピーでうたわれていると、
反射的に「へぇ、凄いんだなぁ…」と感じてしまうんですけど、
それが仮に真実じゃなかったとしても、
言ったもん勝ちだなぁ、と思っています。

自分の店が会社が常に地域でも国内でも世界でも
自分がうたったままの状態で本当に「最大」なのか「一番」なのか、
そういうのって定期的に自己チェックするのだろうか、、、。

競合する店や企業同士だと
常にチェックしあっているのかなぁ、
それでも別に「来月我が社が現在の御社の最大規模を上回る売り場面積の新店舗をオープンしますので、最大っていう文言、我が社が頂きますね。」なんて事は言わないだろうし、

なんか、そこら辺の序列、どうなっているんだろう、って心配になっちゃったんですよね。今日。

それほどまでに「うちが一番!」と自称しているところが多くて、
なんか、罪のない「一番うまいラーメン屋」とかなら、はいはい、って流せるんですけど、
具体的な数値が絡む売り場面積とか品揃えとかになってくると、
信じちゃっていいのかなぁ、本当はすごいのに言ってないだけのアピール下手な店や企業もあるんじゃないかなぁ、とか思っちゃって、

だって、私が昔オーダーメイドした家具も「日本初!」っていうコピーに結構反応しちゃって他と比較もしなかったけど、後にその会社は「名古屋初!」に修正していましたし、やっぱり、
あ、うちが一番じゃなかったんだ、って気付いたら、コッソリ訂正するもんですかねぇ。

ジャイアンみたいな勢いで「俺が一番!」的に言ったもん勝ちになっている事が、もしかしてあるかも、とか、そんな事を悶々と考えていました。

でも絶対そういう風にうたわれている方が有利ですもんねぇ。
そういうのって結構無法地帯なのかな、、、?

密かに私も
自分は日本一だと感じている事がある、、、。
ほんなん、、、じゃぁ、うたっちゃおうっかなぁ、とか思っちゃったりして。

先に有名になった方が勝ち

よね。
とりあえず。
パクられて追い越される事もあるけれど。