じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

3歳になってラムネを初めて食べた様子が火垂るの墓のせっちゃんみたいで笑った

クッピーラムネ  BOX(食玩)

3歳になって間もないアコ、
今日、ラムネデビューをしました。

その様子が、、、
火垂るの墓のセッちゃんとサクマドロップスのシーンを思い起こさせたというか、
なんかアフリカの僻地とかの人達に日本のお菓子を食べさせたみたいな、
リアクションが面白かったので記録。

火垂るの墓

特に厳しくお菓子制限をしているわけではないですが、

栄養も何も無いただの砂糖の塊みたいなモノは

百害あって、って感じなので滅多に与えません。


子供は甘いモノは好きに決まっているのですが、

私「甘いモノばっか食べとるとどうなる???」
アコ「馬鹿になる」

という認識は2歳ぐらいからしっかり刷り込んであります。

今後も、別にお菓子も甘いモノも食べてもいいけど、
「弊害を知った上で食べろよ?」という、、、
まぁ、大人にだって同じ事ですよね。

今日は午前中から幼稚園の入園説明会と入園体験があって、
その帰りにちょっとモールに寄ったら、ぐずりはじめたので、
「ゲーセン行くか?」と釣ったのです。

ゲーセンこそ滅多に行かないので。

そして「1回だけだでね!!!」と固く誓いをさせてから。
(約束や誓いなんて毎日破られまくりですが、少なくとも約束させる事はさせる!)

ショベルカーが飴やラムネなどをショベッてくれる
UFOキャッチャー的な1回100円の乗車型ゲームを選びました。

飴やラムネが出てきても要らんのですが、
飴はまだ食べさせた事は無いし、
まぁ3歳だし、
ラムネぐらいいいか、と思って
輝かしい初体験をプレゼントしました。

笛ガムぐらいの大きさのピンクのラムネ1粒を
封を開けて、アコの口に入れてやったら、

そこで戸惑うアコ。

でも甘いから嬉しい、ニヤニヤ。

そのラムネを口から出して手で持とうとする。

私「違う、口の中入れときん。」

戸惑う、ぎこちない、、、、。

笑える、かわいい、あぁ、ラムネ初体験。

これは貴重な瞬間なのだね。

本当に、火垂るの墓のせっちゃんみたいだったよ、アコちゃんよ。

なんか、戸惑いと遠慮みたいなのと、でも嬉しそうなのと、いろいろ織り混ざった感情、伝わってきました。

嬉しかったようで、
オットに一生懸命報告している。。。

「ピンクのあまいもの、たべたよー!」

文明開化か。
なんか外国人が新大陸を発見した時の見聞録のようだ。

でもそうなんだもんね、知らんだもんね、笑。

後で「ラムネ」と教えておきましたが。

調子に乗って、2個目、、、とか欲しがるノリだったので、
「甘いものいっぱい食べると頭がどうなっちゃうだやぁー?」と聞いて
「バカになる〜。」

これで終了。

聞き分けはいいです、基本。

大人になってから矯正するより、
子供の頃から本当の事を教える方がいいに決まっている。

別に食べてもいいだよ?
でも砂糖は悪だと思って間違いない。
美味しいと思っちゃうよね、でも悪だよ。



お母さんは教えてくれなかった、となりたくないので、
いろいろ教えますよ。

ラムネ、嬉しかったね。

でもちょっとだけね。

味を覚えて結構です。
経験しないと判断も出来ないしね。

食べちゃダメー!!!なんてガミガミするより、
まぁ、味見してみや〜とさっさと経験させちゃう。

まあ大体、アコの方から断ってくるので、笑。
コーヒーもワインも、、、。