じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

いい事言うぜ〜七田さん、、、子どもが楽しく学ぶ子育て

今日届いた七田の金言。

なんか昨日かそこらにUPした、ベビーパークからの再度の投資話の記事をキッカケに、
自分が昔ベビーパークに通っていた時代の記事とか、
よく検索されて辿り付かれている記事とか少し読みました。

ベビーパークがIQ、IQ言ってて、
自分自身はそんなIQの事なんて、ベビーパークに入った頃に一度なんとなく測って以来、
頭ん中からスコーン!と抜けていたから、

あぁ、、、IQか、、、。って
本当に気持ち的にはテンテンテン、、、状態。

当時はIQの定義も誤って認識していて、調べ直したぐらいなのに、
多分、私お得意の、、、まぁ、仮にIQを高めるとかの方向で目標を立てても
途中で面倒臭くなるという挫折を見込んで、
もう忘れちゃう方向に自然に脳がシフトしていたんですね。

ベビーパークのセムキャップノートっていうのも最初のページの記入しただけで、
日々の記録なんてハナからしていなかったぐらいですし。

だから、なんか、ちゃんとやらない自分を正当化したいんですね、きっとね、私はね。
やらないっていうか、やれないんですね、性分的にね、、、。
きちんとキレイな字で記入できるお母さんに憧れつつも、
他人は他人、自分は自分と潔く諦めつつ、でもなんか、慰めて欲しい系な、、、。

だからドーン!!!今日の金言になんか慰められた。

IQが高く育つのは、子どもが楽しく学ぶ子育てをした結果であって、IQを高めるための教育をした結果ではありません。

解説
幼児を育てる環境を良くすると、自然に子どものIQは高まります。
IQが高くなるのは、子どもの育つ環境が良くなった結果なのです。
子どもが楽しく学べる(遊ぶ)環境を用意した結果がそうなるので、親も子もプレッシャーを感じず、楽しみながら力をつけます。
そこが大切なのです。
って、結局IQを主語にしているけれど、
IQの事なんか何だっけ!?って忘れちゃうぐらいに楽しむ事が大事なのよね。

だから普段、IQの事なんてすっかり頭の中に無い自分、それで結構、結構!

育つ環境、、、
うううーんと、、、環境、、、どうかなぁ、、、。
でも楽しんでいる!
同時にいっぱい怒ってもいるけど、
でもいろいろ楽しんでいる!

どんな事にも学びや遊びの感覚を見出すっていう感じで、
それはだいじょぶ!!

いろんな事をリンクさせて一緒におしゃべりしている。
アコが鼻くそをほじっていても、そして私も鼻くそをほじって、
何故鼻くそが出来るのかとか、
空気が乾燥しているとか、
鼻くそが大きいとか小さいとか、
色とか、
なんか、、、かやくのキャベツみたいだとか、
話し合っている、、、。

他の人には余り言わん方がいいよ、
お母さんだけに言いんね、
ね、見えるよねー、
そうだよねー、って
ほぼ会話を先導しているのは母親の方だけども、
それでガハハハハハハー!って笑いあって、
何かを学べていると思っています。

なんで足は臭くなるのかとか、
その他いろいろ。

またとんだ余談で〆ます。