じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

ベビーパークから【お帰りなさいキャンペーン】へのお誘い&喜田さんって誰?

現在4歳のアコがベビーパークに通っていたのは

1歳8カ月から2歳3カ月までの7カ月間のみで、
もう2年前に終了している状態。
 
当時登録していたメールアドレスは一旦抹消して、
つい最近たまたまiPadを買い替えて又同じアドレスを申請してみたら、
使えたので、使っている次第。
 
そうしたらベビーパークのお知らせが又き始めた、、、
っていうか偶々かもしれないけども。
 
メールアドレスが抹消された期間もずっと送信され続けていたという事ね。
そういうメルマガとか、意外と多いですよね、エラーとかにならないのかな。
 
子どもが生まれてから今まで、
教育に対する関心も姿勢もじわじわ変わっていて、
大体途中で乗り換えてやってきているから、
 
実際一番長く続いて(2年目)、楽しい、やり甲斐を感じる、
先生にも絶大な信頼をおけているのは
サイキッズというサイエンス教室です。
 
ベビーパークは講師陣のクオリティに対してあやふやさを感じる不安感があったから、
月謝的にこのサイエンス教室と似たような金額でも、
やっぱり納得して信頼して価値を見出せるか否かで全然違うな、と思っています。
 
やっぱり講師は
どれだけ研修を受けて合格していようと、
生徒を惹きつけるエンターテイメント性や資質やキャラやセンスって
やる気だけではどうにもならない所もあるから、
 
やっぱり学ぶのは面白くて楽しい、
そしてしっかり教える内容も押さえてくれている先生が良いに決まっている。
 
自分自身も少しばかり幼児から大学生までの子ども相手の講師業をかじっているけど、
習い事に同伴する一児の母として、そして自分自身が教育を提供する側として、
両方の側面から、すごく考えさせられます。
 
適当な人間の講師なんて、冗談抜きに殆ど人工知能に台頭されちゃう時代が
もうすぐそこに迫っていると言います。
 
だからやっぱり
オリジナリティ、存在価値が本当に大事!
 
わー、話逸れた逸れた。
 
で、これが先月ベビーパークから届いた案内メール文、引用します。
 

ベビーパーク、キッズアカデミーに通って下さっていたことのある皆様へ

素敵な『お帰りなさいキャンペーン』のお知らせです
『時間の都合や色々なことがあって一度は退室したけれど
ベビーパークに通い続けられているお友達のお子さんの発達はやっぱり全然違うと
お感じになっていらっしゃるお母さんが多くいらっしゃるようです。
またベビーパークに通っていらっしゃるお母さんはとても子育てが楽になって、楽しい
と仰る方が多いようです。』
『もう一度通ってみようかな?』と思って下さっているお母様に素敵なお知らせです。
5月中に再体験を申し込まれ、入室の意思を示された方は
6月の中島先生(BP最高顧問)、喜田先生(BP英語育児担当顧問)の講演会&懇談会に
ご招待致します。
更に入室金は無料、再スタート1カ月目は回数割、2カ月目は月謝半額
とさせて頂きます。『お帰りなさいキャンペーン』を是非ご活用ください。
勿論再体験無しの再入室は大歓迎です。
再体験又は再入室のお申し込みは0120-415-181まで!!
皆様、中島先生はよくご存じだと思います。
喜田先生はベビーパーク流育児をされたお子さんに2歳10カ月から英語育児を始められ
お子さんは5歳で英検2級に合格、小学校5年生でTOEIC920点、6年生で英検1級
に合格、完全なバイリンガルに育てられました。(喜田先生もお父様も英語は話せません)
その上、数万人の模擬試験(英、数、国)で常に1~5番を取る極めて優秀なお子さんに
育てられました。中学、高校は、勿論特待生で授業料無料。
模擬試験を受けた某大手予備校からは、東大上位合格確実と太鼓判を押されています。
英会話教室、塾、家庭教師、と言ったものとは無縁で、お母さん一人の育児でこの偉業を
達成されています。お子様に『自学自習の習慣をどうつけるか?』
実にユニークな子育て理論をお話しいただけると思います。

キッズアカデミーは3歳~8歳のお子様の頭を良くする教室です。驚くほど大きな効果が出ます。
IQ(知能指数)を平均で30点も上げることが出来ます。
是非、体験レッスンにお申し込み下さい。
人工知能がかなりシェアを増やしていく今後の世の中、
IQ値だけに拘るのは、ちょっと時代遅れになって行くと言われる内容の講演を聞いた事があり、
いわゆる暗記能力とかそういったものは、
あればあるに越した事はないけど、
だからと言ってそれだけで安心とはならない世の中になって行くと予想されています。
 
なので、もはやいろんな数値を並べられても余り響かないのですが、
新しいお名前を発見、誰々、知らないけど、誰?と思って調べたのです、喜田先生って誰?って。
こちらがブログだそうです。↓
3才からのえいご/お金をかけずに国産バイリンガル!
  中島先生も、この喜田先生も
私には無い徹底した継続能力をお持ちで、
お子さんが結果を出されているっていう実績があって、
すごい人達だなぁぁ〜と思うわけですが、
 
私はいくらそういう事例を読んでも
性格的にそういった体制作りが不向きだから、
なんか「すごいなぁ〜」で終わってしまう。
 
そして子どもがいつの時点で何をしたら、
具体的に「成果」として認識できるんだろう、っていつも疑問に思います。
 
こういうお習い事は
IQとかTOEICスコアだ英検だっていう数値でそういうのを測っているけれども、
 
何をもって
自分の育児は正しかった、って思えるのかなって。
真面目な話ね、これほんと。
 
私はダメ母と自覚してしまう劣等意識と
それを掻き消すように頑張って維持しているやや無理やり感否めない自己満足で、
ま、でも世間的に言ったらいわゆるちゃんとしたお母さんでは無いと思っていて、
 
でもそれでもこんなに素晴らしい!って後から思えるそんな風になりたくて、
ちゃんとやらんでも大丈夫、っていうのを証明したい、っていう気持ちも強くて、
なんか負け惜しみみたいな感じだけど、、、笑。
 
何でもかんでも中途半端なんだけどもね、
それでもココまでなんとかなるぜーっていう事実を作りたい。
ダメと言いながらも、そのダメからダメじゃない何かを生み出せると信じているっていうか。
 
支離滅裂で何を言いたいかバッランバランですが、
ベビーパークに喜田先生っていう、なんだかすごいらしい人が採用されているらしいよ!っていうニュースがメインです!