じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

完全なる雑記

最近結構
コッチ↓で

ダラダラ長文かましています。

書きたい事はいーっぱいいーっぱいで。

別に誰の役に立つわけでもないけど、
あーでもないこーでもないと
ダラダラと、笑。

早寝早起き生活も
やっぱり止まっているし、、、。

でも原因はわかっています。

オットの帰宅が早くて
アコの風呂をオットに任せると、

私が独り時間を満喫し出して、
ついつい長年の夜更かし傾向が
あっという間に舞い戻ってきます。

オットが夜遅くて
何時に帰ってくるかわからない方が、
規則正しく頑張ることが出来ていました、確実に!


誰かが子供を見てくれる安心感が
逆にケジメを喪失させますよね、、、

私の場合は。

おーダメダメ。

しかも
別ブログに語り散らしてありますが、
久々に週1ドラマをフォローする気になっているので、
タイムマネジメントを少し考えなくちゃね。

昨今では
インターネットで無料でドラマを視聴できるサイトがあるので、
リアルタイムでTV前で視聴する必要もないですが、

1時間のドラマ、
ところどころ倍速で観たいです。

最近母のお下がりでもらった
ホームベーカリーでパンを焼き始め、

今日は
アコが昨年今頃の1歳11カ月の頃に行き始めたプレイグループの
同年代のお友達2人とそのお母さん達と、
焼きたてパンと持ち寄ってもらった具材やスープで
お腹いっぱいランチをして、
こんな夜中までまだお腹いっぱいです。

パン焼いてお友達と和気藹々、って
なんだかとってもリア充風味がする話題でしょ?笑

子育ての一山は絶対に越えたな、って実感します、ほんと。

今の私だったら、
去年の今頃みたいにインチキ占い師に引っかからない!笑

だって酷いのよ、ひとつ思い出話書いてもいいかしら。

その占い師っていうのは、
某エステサロン経営のおばあちゃんなんだけど、
地元のフリーペーパーに毎月1ページ丸々広告を出しているんです。
必ず社長としてのご自分の顔写真と共に。

自社ビルで、
その広告に「4Fにて霊感占い 午前中のみ1日2名限定」って
毎月欠かさず同じ事が書かれているのに、

私を占った時に

「今はもう常連の人しかみていないけど、
受付の子が間違って予約入れちゃったから
今日は仕方なく特別に貴女をみます、
これも貴女の運が導いたんでしょうね。」

ってちょっと恩着せチックに言うんで、

「ありがとうございます」って言っておいたけど、
あれから1年まるまる経っている今でも
同じように広告には
4Fで霊感占い云々が変わらず載っているのです。

受け付けていない事を
わざわざ宣伝する意味がわかりませんよねぇ。

1回3000円か3500円だったかなぁ、
金額は広告に表示されていないんですけど。

時間も確か決まっていなくて、
質問1件につきその額だったかなぁ。

でも顔写真とか
色んな雰囲気が怪しくて、
誰も問い合わせとかしないのかなぁ。

私、誰も近寄らないような案件に
興味を抱いて実行する傾向があるから、
あの占い師もそうだったのかなぁ。笑。



広告を非表示にする