じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

インドアンティーク生地の日傘

f:id:ocasira:20140224133010j:plain
マライカで日傘を買いました。

今年から日傘デビューしようと思います。

こちらの別記事で触れた↓
「宇津木龍一先生のスキンケア」を昨年末に知ってから
「自分のファン」からの「肌断食スタート」 - いろんなキッカケ

長年使っていた

安価な日焼け止めジェルの使用を止めて、

ミネラルファンデーションのUVブロック効果のみに頼っています。

本来は肌には何もつけない方が良いという理屈なので、

日焼け止め対策に関しても

物理的ブロック方法がまず推奨されています。

要するに帽子や日傘、長袖による

物理的に日陰を作る対策です。


日傘なんてご婦人といったイメージのアイテムだし、

大体手が塞がるのが嫌だし、

帽子もツバノなるべく大きい物を考えても、

ファッション的に限界があるし、

真夏になったら暑苦しいし、


かといって、

溶接工みたいなサンバイザーとか

黒装束か!みたいなあっちもこっちも完全防備

怪しげスタイルを決行してまでの情熱もないし、


一方で私は、

現代の

オゾン層もだいぶ破壊された環境の中で降り注ぐ紫外線が

人体にどういった悪影響を及ぼすかという事実も

とても真剣かつ深刻に受け止めているので

(紫外線→活性酸素発生→シミ、しわ、乾燥など様々な悪要素)

なんとか

自分なりの防御方法を考えなければいけません。


日傘ってレースとか淡いカラーの

フェミニンデザインなものばかりですし

まず自分のテイストではありません。


自分が何年か前に傘に手描きペイントをして販売していた際

和柄生地の日傘を扱った事もあり、

その余りをまだ所有していて

それを使うのも有りかなとは考えたのですが、


このマライカで見た日傘は

今の私にとって素材的にも雰囲気的にも

とてもピッタリアイテムでした。


本当は異なる柄ので

一目惚れで気に入ったものがあったのですが、

ワンサイズ大きく、かつ非常に重たい、、、ということで

一点ものの世界なので泣く泣く妥協して

残りの中で一番良かったデザインを選びました。


2年前に買った布用UVスプレーの残りが

(TK河口) UVロック 【衣類・布用 強力UVカットスプレー 撥水・撥油効果】 容量220ml

どこかに仕舞い込まれてあるはず、、、

それをスプレーしてUV効果を上げたいと思います。


手で持ちたくないから、

なんか傘の柄を

背中から頭に固定する装着具とかを想像したのだけど、

そんな事なら帽子被れよってなるんですよね。


うーん、じゃあ傘を手ぶらで頭頂部で支えて

バランス良く歩く、と考えていたら、

昔の三度笠を思い浮かべました。

三度笠(大)

それでも自分の頭3個分ぐらいの幅だから、

いろいろぶつかりそうだし、

そうするとやっぱり素直に

日傘を手で持つのが

一番フレキシブル対応ができるのかな、と。


ファッション的に奇抜だと言われがちな自分でも、

三度笠スタイルをやるオリジナルスタイルは

到底確立できるコンフィデンスは無いです、ただいま。