じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

ナンダカンダ言ってもしまじろうに依存している私、、、


アコは現在2歳7カ月、
ベネッセのこどもちゃれんじは
なんとなくベビーから始めて、1歳2歳とずるずる来ています。

2歳は辞めるかなぁと思いつつ、
安いしまあいいかという惰性で続行してしまい、

3歳からは絶対に辞めるぞ、と思っていたのに
最近はちょっと迷い出しました。

ベネッセしつこいだの、しまじろうダサいだの
散々文句を言っているのに、
別れられない腐れ縁現象が既に起きつつある事に気付き、

親である私も洗脳とまでは行かないけど、
実は依存してしまっているな、と認めざるを得ません。

ベビーパークに7カ月間通った、
講談社すこやか教室に現在まで3カ月通っている、
それ以外に育児情報誌などは一切購読もしていなくて、
たまにAERA with babyのメールマガジンを読むぐらいで、

なんだかんだ、、、
メインの情報源はベネッセになっている現状を認めざるを得ません。

毎月自動的に届く教材や冊子に慣れ過ぎて居て、
ベネッセとは関係ないですが、幼稚園探しに関しても「そろそろですよ〜」なんて
案内を送ってこられるような錯覚陥っていて、
おっと、それじゃいかんと最近気付いて急いで幼稚園探しを始めたぐらい、
結構な受け身になっていたような。

別にしまじろうじゃ無くていいんですよね。


たまたまそういうエデュケーショナル事業を大々的にやっているのがベネッセだっただけであって、
ほんと、もうちょっと、、、いやかなり、もっとシンプルで良いんです。

でも、しまじろう達の様にペルソナ設定がされていて、
そこを基準に物語が出来ていて、
それに沿っていろいろ進めていく感じ、、、

ロールモデルというか、、、。

そういったスタイルを持った代替があれば別にそれで良かったんです。

でも惰性で探さなかったんですよね、有るのか無いのかも知らないぐらい。

そして既にここまで刷り込まれたしまじろうというキャラは、
ダサかろうが何だろうが、もう絶対的なポジションを確立しています。

今更、他のキャラに、、、
やろうと思えば出来るはずなのに、
面倒だからこのままでいっか、と思っている自分が居ます。

長年ダラダラ付き合って
慣れと空気感と情が出来ていて、
文句はあるけどなんだかんだやっぱり楽だし〜、なんて言って
別れられないダラダラカップルみたいだ。

幼児教育において
DVDのような映像メディアは余り推奨されないと解りつつも、
個人的にはやっぱり全否定できません。

トイレに関しても、
歯磨きに関しても、
外に出かける時に手を繋ぐなど、
お片付けに関しても、

我が家はそこまで手を焼いている訳では無いのですが、
やっぱり、しまじろうの映像を観させていなかったら
最後のトドメ、みたいな説得力の有る物が無かったと思うのです。

「しまちゃんはちゃんとやるよねぇ?」とか
「トイレちゃんが泣いとるよ?」とか
「ムシバイキンがいっぱいおるよ?」とか
「約束ポリスに捕まっちゃうよ?」とか
(藤岡弘っぽいイメージのライオンの警察官?監視員?みたいなキャラが、
パーマンのバードマンみたいな感じで空中から飛んできて現れて、
しまじろうが交通的に危険行為をしそうになる時に、危な〜い!などと叫んで注意をして来る)

私の発言にもかなり利用されるこどもちゃれんじネタの数々。

変な歌〜、変なキャラ〜、って思いながらも
それらに頼っている自分が居ます。

中には個人的に凄く気に入っている歌とかもあるのですが。

この調子で行くと、
なんだかこどもちゃれんじズルズル地獄から抜けられない予感が。

根底には
子育てに対する自信の無さがあるんですよね。


自分流にやっているには、やってはいるけれど、
何か見落とし、見逃しが無いか、
そこが不安で。

私は2人目を作る気は全く無いし、
アコ1人が一発勝負の子育てだと思っているので、
なるべく妙な失敗はしたく無いのです。

といいつつ、子供のトラウマに残りそうな態度を繰り返していますが、汗。

TVもそんなに観ないし、観せないのに
しまじろうという映像メディアだけにはかなり依存している、、、。

使え使えと宣伝されてくるしまじろうのWebサイトやアプリは
ほっとんど使わないんですけど、、、。

私みたいな人は多いのでしょうか?

しまじろう可愛い〜、好き〜と言っているならまだ健康的だと思いますが、
なんかダサいとか不満を抱えつつ、安いけどお金を払って、それでも抜け出せない、
抜け出せる自信が無い、って
情け無いですね。

でも、、、
経験が無いから、
現在進行形だから、
単なる物事の話では無いから、
1人の人間を育てるという壮大な事だから、

なんか、、、私の自信の無さや不安、
これでいいのかという迷い、
こういうのって、いつ解消されるのかな。

何をもって
自分の育児を自信を持って最終的に肯定できるのか、
そんな事を悶々と考えても取り越し苦労なのに、

あれがいいですよ、
これがいいですよ、
こうなる為には!
こうならない為には!
巷に溢れる情報がチラチラ目の前に現れ過ぎて、

それでも一切シャットアウトする自信も無く。

私って、
バリッバリに現代の典型的なカモ消費者になっている気がします。

こんな今の自分状況を何かに役立てるとするならば、
2歳のアコがいつか大人になって母になった時に、
一緒に記録を紐解きながら育児相談に乗る事ぐらいかなぁ、、、。

自分自身の事だったら、
例えばこれが仕事とかだったら、
私は不満を抱えたアンヘルシーなメンタリティが嫌なので、
さっさと次を探して転職しちゃうんですけど。