じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

新しいペット「どぐうちゃん」

土偶という以外なんて表現したらいいのか、わからず

どぐうという音しか脳内を巡らず、

素直に自分の本能、直感で決めました、名前。

黒色だから余計にそうなのかな。



これが「どぐうちゃん」です。Dogoo.先日の自分の誕生日に買ってきたから、忘れないですきっと。この子を新しく迎えるにあたって、、、。実は先代の鶴と蜜柑は亡くなっています。鶴は昨夏。蜜柑は年明け少ししてかな。2014年の3月に買い始めたから鶴は1年半、蜜柑は2年弱の寿命。どちらも病気などは無く、決して長い寿命ではなかったけど、極端に短いわけでもなかったと思います。彼らはストレス性と思われる尾腐れ病になっても薬物は一切使用せず、絶食放置で治癒する過程を目の当たりにしたので非常に勉強になりました。またストレスが病気に繋がるプロセスもよーく解りました。2匹の関係性が隔離したり戻したりする中で逆転、変化するのも、興味深く観察させていただきました。本当に人間のDVカップルをを見るようでした。夫婦間にはDVがあり、夫は妻から隔離され、DV夫は反省し、ヨリを戻したら夫婦の関係性が逆転、そんな中、妻に先立たれ、DV夫は独り暮らし、再婚も無く、独り暮らしをする中で謙虚になり、落ち着いて老いていきそして最後は静かに息を引き取った、、、みたいなね。2匹とも同じ場所に埋葬しましたが、どうなんでしょうか。私はDV夫側にも同情しちゃうんですよね。彼らの魂はまた出会い幸せになれるのか、やっぱり別々の道を進んだ方が賢明なのか。。。 と、妄想大爆発で話は逸れましたが金魚は複数飼うと個体の強弱で大体虐めが発生するし、一匹あたり10ℓ必要という情報さえあるので(金魚は非常に水を汚す魚なので)、平和な環境を求めて今後は一匹飼育にします。命名にあたってはもう、他の名前が思いつかなさ過ぎて、これしかこの子を表現できません。土偶以外の何と表現すれば良いのか。ペットショップで選んでいる時は、最初は気持ち悪いと思ったのですが、ずっと観ていると犬の世界に例えたらこの子は黒パグって感じなんですね。雄も雌も判りませんが、スイスイ泳ぐ流線型より愛おしく思えます。元気でなるべく長生きしますように。#goldfish #出目金 #popeyedgoldfish #fish #pet #aquarium


広告を非表示にする