じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

ベビーパークレッスン3回目

f:id:ocasira:20131106175256j:plain
ベビーパークに通い始めて
体験を含めたら、今日で5回目の受講でした。

体験の時からずっと
もう一組の母娘さんと私達の2組だけです。

1歳9カ月のアコより生まれが一カ月早い女の子なのですが、
2人がとても仲良くて、

レッスン中
席に着いている時もしょっ中手をつないでいます。

小さな机と椅子で、
いつも自然に隣同士に席を決め
(ま、2人しかいないんですが、笑)

先生の方を見て集中する姿が可愛くて、

古いですが、
あっぱれ!さんま大先生の風景を
思い出してしまいます。

私達親には、
ベビーパークオリジナルの
書き込み式ノートが渡され、

そこにいろんな予定や計画や目標を
書くことになっているのですが、

目標設定をしたり
計画的に生きることが苦手な私は、
まだ何も記入できていません。

そもそもIQがいくつがどう、とかわからないので、
目標を設定してと言われても、
漠然とし過ぎていて、チーンです。

そのノート冒頭辺りに
月齢に応じた発達の目安事項が書かれてあり、

それはベビーパーク流で、
一般標準より少し早めの発達想定で作られているそうなのですが、

アコが出来ることにハイライトをして行ったら、
1歳児は殆どOKで、2歳、3歳の項目がチョロチョロっと
出来る感じになりました。

うーん、確かにこういう指標って大事ですね。

現在の立ち位置を知るという意味で。

とりあえずは、
今出来ていることより3カ月先の能力を目指してみることを
勧められました。

途中までは成績優秀だったけど、
その途中から没落していった私の二の舞にならぬよう(笑)、

慎重に軌道コントロールをサポートしてやらねばいけない、という
使命感は常にあります。

レッスンは楽しいです。
アコはもちろん、
私が楽しいです。

だから高いレッスン料と言われても、
無理矢理2人分、とこじつけて考えてもいいかも。

私は、いろいろチキチキ観察して
もらえるアイディアはどんどんもらっちゃう姿勢なので。

作れそうなオモチャ、教材を
自宅用に準備しちゃうなど。

Webや本を読み漁る根気がないので、
私みたいな親は、実践の場に行くのが一番だと
言い聞かせています。

自宅に居たって、
教室で先生が次々と出してくるオモチャや教材、音楽
あの飽きさせないスピード、
一緒に習うお友達が隣にいる環境なんて、

いつもキレイにそのまんま再現するは難しいですから。

あ、
あと、ベビーパークは英会話教室じゃないから
先生に英語力を求めるつもりはないのだけど、

随所に日本語発音バリバリのカタカナ英語で言葉を掛けるので、
そこがちょっと、体験時からずっと微妙に感じているところです、、、。

これは講師の個人差がありそうですね。


ABCも、エービーシー!
Here you areが、ヒアユアー、ヒアユアー、
Whiteも、ホワイト などなど。

先生に伝えたところで、
どうしようもないと思うので、

そこは私自身で補おうと思っています。

回り回って、
先生がもしここを読まれても、
まぁ、そこまでお気を悪くなさらないでください。

最重要項目じゃないので。







広告を非表示にする