読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

こどもの顔や体の曲線美

f:id:ocasira:20141111134023j:plain
アコは現在2歳9カ月。

自宅でアコとご飯をしていると大体私が先に食べ終わるので、
アコが食べ終わるまで待つという口実の元、
私が隣で好きな事をして待つ習慣があります。

大体iPadを見たりしているのですが、
今日はちょっと紙作業をしていて紙が余ったので、
隣でパンを食べているアコの顔を描いてみました。

昔、アート学生時代に
しょっちゅうスケッチをさせられていた頃と比較すると(あくまでもさせられていた、笑)
全然思う様に描けません、筆が鈍るっていう意味ですかね。

自分が好きな様に描くのであれば自由にスラスラ行けますが、

描きたい対象が上手く描けないというのは
とってもフラストレイションです。

私はやはりオーソドックスな見方で、まず
写実的描写の的確さに重きを置きがちなのですが、

まぁ〜、アコの顔の曲線が上手く描けません。

それにしても

こどもの顔の曲線って本当に美しいなぁ〜

っていつも思います。

余り子供にベタベタする事を好まない私ですが、
綺麗すぎて触りたくなる魅力って、本当にありますね。

下ネタのつもりは全く無いのですが、
女性の綺麗な下乳カーブラインと
子供のほっぺたのカーブラインに
同じ魅力を見い出してしまうんですよね、私。

子供の顔って
シミもシワもホクロも吹き出物も何もない、
ほんっとサラサラツルツル毛穴も見えない、
産毛も薄過ぎて見えない、

何も塗られていない、
無駄の無い程良い弾力感で、
重力と調和が取れているというのか、笑、

綺麗すぎて
窓から射す自然光出来る顔の陰影が
それはスムースで、

顔の随所のカーブが滑らかでソフトなので、
すっごく可愛い。

顔を作ったりする事もない、
純真無垢な表情で、
鼻の下の唇の上のあの地帯と
唇の〜〜の少しめくれ上がり気味の
魚のエイの動きみたいな、

ちゃんとそこにも筋肉、神経通ってますよって感じの、

瞼の微妙な丘陵地隊と、
鼻も低いんだけど
ちゃんとカーブがあって、

あごの具合も、

肉が余って段気味になっていても
決して見苦しくなくて、


パンパンって言うわけでもなくて、
ちょうどいい具合で空気が入った風船と同じなのかなぁ。

こういう感じが
徐々に削げ落とされていってしまうんだから、
大切に愛でないとなぁ。

ほんっとに絶妙なカーブラインなのよね、、、。


上手く捉えて描ける様になりたいものです。
そんな練習を指定暇はないですけど、
彫刻とか粘土で再現して立体的に取っておきたい形状。




広告を非表示にする