読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

1歳の時に作ったおままごとキッチンが4歳では机に?

アコが1歳8カ月の頃、
私頑張っておままごとキッチン作ったんですよね。

でも自分で設計図を描いて
ホームセンターの人に全部カットしておいてもらって、
手順も指示を仰ぎながら作ったから、あまり自力とも言えないのですが。

当時の記録はコチラ↓
初の木工DIYでアコのおままごとキッチンをつくる - じぶんかたろぐー自分語logー
f:id:ocasira:20160314171303j:image

キャスターで可動式にしたかったのと、
裏を本やマガジンラックにしたかったんですよね。
f:id:ocasira:20160314171308j:image

その後、着々と物が増え、
もう片付けられない母親の鏡、そのままに
常にワークトップは物で埋め尽くされていたゴミ屋敷状態へ。

この画像なんてまだ良い方です、、、汗。

f:id:ocasira:20160314171329j:image
その後の記事、、、とはいえどもまだ作ったばかりの頃。
おままごとキッチンその後 - じぶんかたろぐー自分語logー
その後、背も伸びて踏み台も要らなくなり、

なんかあらよあらよと言う間に4歳になって
まだおままごと的な事はするけれど、

幼稚園のお友達に手紙を書く、とか
そういう事を言い出すので、

そういうのはダイニングテーブルでやればいいんですけど、

なんとなくもう、あのキッチンスタイルはもういいかなと思って、
オットに天板?を準備してもらって机スタイルにしてもらいました。

元々高さも適当に作ってあるし、
じゃあ今度は椅子が要る、となっても
アコ用のアンティーク調の子ども椅子はテイストも違うし、
まず全然高さが合わない。

折り畳み式の踏み台もまだ微妙。

別に、これを学習机として使っていくつもりじゃなくて、
あくまで過渡期をそれなりに臨機応変に使いたいだけなので、
わざわざこの為に椅子を買うのも乗り気になれないし。

計画性がないので
その場その場で買ってきた100円ショップの容器とか、
なんともチグハグ感満載ですが、、、。


f:id:ocasira:20160314171342j:image

そんな時、オットがまた珍しくいいアイディアを出しまして。

我が家は結婚した頃から、
バスルームにこういうバスチェアが2個体制だったのだけど、
子ども用が1個増えて、もう大きいの2個も要らんだろうという事になり、
処分しようとしていたところ、
脚を短く切断してアコのデスクチェアに出来んかと、、、
オットが提案してくださり。

リッチェル リセルバ バススツール40 オレンジ

それで今日、
雨のベランダで作業してくれました。

あら、いいじゃない。

元々のチグハグ感あっての、
この椅子もいいよ、いいよ、笑。

この椅子も本望でしょう。

この元おままごとキッチンのデスク?も2年後ぐらいには不要になるんだろうなぁ。
誰かもらってくれる人いるかなぁ、、、。

こまめじゃないけど、
こういうのはやっぱり記録しておくと良いですね。

1歳の頃のアコ、、懐かしいなぁ。
可愛かったわぁ、、、。
それなのに、あの頃も育児にイライラしてたなんて、
そんなに可愛いちっちゃい子に怒るなんて、、、
って自分でも胸がキューンとなる。。。

それほど初めての育児って、性格がどうにかなってしまうていうか、
センサーがおかしくなるっていうか、
そういうもんなんだろうなぁ、って今になって思います。。。

まぁ、私は元々穏やかな性格者ないけど、
あの頃、アコにブチ切れていた自分が信じられなくて。

おままごとキッチン、ご希望の方、まだ先の事ですけど、
興味があったらご連絡を。

この記事を検索か何かで2018年頃読む方は、まだチャンス有りかも?!


広告を非表示にする