読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

農業の事は良くわからないけれど、、、本当の事を知りたいし受け容れたい

食べ物 植物

 

https://instagram.com/p/5LugWkvJEm/

人参の本来の姿なのかな。だってそうだよね根菜だよ?ゴボウとか考えてみたら、市販の人参や大根は綺麗過ぎる気がするのは気のせい?それとも黒々しているのはお薬関係なのかしら?でも土の中のものでしょ?どうなんだろ。無農薬じゃない場合は、皮剥いて使うから深刻に気にしていないものの、前からどういうメカニズムんだろうと気にはなり続けている。

これは数カ月前に同じ事を言っている記事↓

jibun.hateblo.jp

 

我が家はホタテコ使用歴、どのぐらいだろう。

農薬・ワックス、分解・除去『ホタテコ・CR-S2,お得用1kg』感染症・食中毒・カビにホタテコ貝殻焼成カルシウム

農薬だったり

ワックスだったり、

スーパーマーケットに陳列された時の見栄えの為ですよね、きっと。

そして

その見栄えは何の為?って

見栄えが綺麗じゃないと人々が買ってくれないから、ですよね、きっと。


汚れや農薬だとか、とりあえず「除去」しているのに、

なんでこんなに逆に汚い真っ黒な姿になるんだろう、、、

帆立貝焼成カルシウムと何かの化学反応の結果?

何だろうなんだろうと思い続けて、今日ふと発想が変わった。


この真っ黒が人参の本来の姿!?


一つ私の調査不足なのは、無農薬栽培人参には安心しきって基本的にホタテコ君洗浄をしない事。

ただ過去に一、二度、検証した記憶があるものの、

こういう風に真っ黒になった記憶では無いです。


ここからは私の想像。いつか確定したいところだけれど。


無農薬栽培の人参は、人間の肌に例えたら

化粧品などを使わない自然の状態、農薬にも化学肥料にも毒されていない自然な色、美しさ。


一方、一般的な栽培の人参は、

いろんな添加物の入った化粧品に、メイクに依存した人間の肌で、

化粧をした状態、化粧水などなどを塗った状態では一見綺麗だけど、

深層は毒されて、破壊されていて、ボロボロで汚れていて、

ホタテコ君の水に漬けていろいろと除去された後の人参の姿は、

化粧品類を全て落として、化粧水などなども落とされてしまって露出した本当のスッピンっていうか、


なんか、、、、

そんな感じがしてきたなぁ、、、最近、とっても。

ポストハーベスト的なものがメイクで、

野菜本体の姿に影響を与えるのが日々の基礎化粧品!?


自然な状態が一番で、

バランスが取れた状態が一番で、

そのバランスが崩されたり、

何か異物(薬や化学物質)に依存していると、

美しくないんだろうなぁ、そういうシンプルな事なんだろうなぁ。


野菜の姿は本来こういうものだという固定概念から

きちんと立て直さないと、

この負のスパイラルからは抜けられないんだろう世の中は。


汚い物を過剰に毛嫌いするがために、

人工的に綺麗な状態が追求されて、

でも、そもそも本来の在り方であれば

そこまで汚くもならない、もしくはサッと落ちる汚れなんだろうけど、

化学的にいろんな物質に介入されちゃった事による汚れは

頑固で本当に不自然な汚さになる、というか、、、


人工的な綺麗さ、に騙されず本質を見ていたいです。

汚れている場合は、なぜ汚れてしまっているのかな、とか。


いきなり爬虫類人の話に飛ぶけれど、

爬虫類人とホログラムの関係にも似ているなぁーと。

(この2行はマニアックなので読者様は理解不能でもOK)