読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶんかたろぐー自分語logー

30代半ば出産子育てでガラリと変わった日々。アコという2012年2月生まれの娘が1人おります。レールから脱線しまくって生きてきたがまっとうな人間をめざして頑張る(?)自分を語るlogという意味も込め【じぶんかたろぐ】として綴ります。長文語り系はhttp://trigger.hatenablog.comにて別途綴っています。

結果的にオムツは3歳2カ月の入園と共に自然と外れた

 現在3歳5カ月のアコのオムツ外れの記録をしておきます。


昔、ベビーパークの先生に「オムツ外れは1歳か3歳」と断言されました。

1歳でチャンスを逃したら、もう3歳まで潔く諦めた方がいいって。


でもそんな事素直に信じ無い私は、

アコが2歳の頃は、ずーっとトイレ事情に一喜一憂していた気がします。


意外と早く成功して調子に乗っていると、時々思い切り不意打ちされ、

こっちも保険目的でオムツを履かせていると意外とまた大丈夫な期間が続き、

じゃあやっぱり安心モードに、、、って戻ると、あぁまたやらかされ、、、


あーもうこのギャンブル感が嫌だ!と思って、

無駄にイライラしたくない、

育児書系には仕方ないからドンと構えていろみたいな事が書かれているけれど、

嫌なもんは嫌なので、嫌な思いをしたくないので、親である自分の都合で、

要するにアコを信用していない時に紙オムツやライナーを着用させる日々。


アコも自分がオムツをやライナーを装着しているのを知っていて

「トイレに行くのが面倒くさいから」

と明言して、オムツやライナーで用を足す開き直りっぷりに
こんな発想にさせてしまった自分の中途半端さに自己嫌悪。

だからオムツ履かせたり履かせなかったりのフェイントで、
アコも自分がライナーを付けていると思って
余裕でトイレをサボったら、おパンツダイレクトだった、とか、

TVを観ていたり、遊びに夢中になっている時に
そういう怠慢な思いが発生したり、
もしくは本当に膀胱ここにあらず的な状態でTVや遊びに夢中で、
やらかしてしまう事が多かったです。

ばい菌がわいてアコのお尻食べるから痛くなる(かぶれる)とか
脅してみたり、上記の攻防戦をまた繰り返したりしながら、
寝る時はとりあえず紙おむつ、
それでも意外と寝ている間はしなかったり、とか
なんだかんだ決着がつかないままワーワー言いながら2歳の期間は過ぎました。

赤ちゃ〜んの頃、ホーローおまるや布おむつで、
「きっとオムツ外れ早いね」なんて言われていたけど
結局3歳でした。

1歳5カ月の頃、布おむつはNGな保育園に入れ始めたから
紙おむつ習慣が結構定着しちゃったのよねぇ、、、。

では、お時間ある方は過去のトイレ関係記事のリンクをどうぞ。
リンクの後に、また本文を続けます。

jibun.hateblo.jp

jibun.hateblo.jp

jibun.hateblo.jp

jibun.hateblo.jp

jibun.hateblo.jp

jibun.hateblo.jp

 

我が家は紙おむつも特にトレパンマン?とかオヤスミマン?とか

なんか特殊なものは使いませんでした。


とりあえず漏れないように普通に仕事してくれ的な、それと

履き心地も気にしてやんない、だって早く嫌になって欲しいし、、、笑。

だから最安値のマミーポコポコのゴワゴワオムツでいいのよ。


結果的に幼稚園入園時の3歳2カ月でオムツ外れ完了。

「集団生活に於ける羞恥心」が鍵とみた。

皆がちゃんと行っているのに自分だけ行かないなんてありえない!!みたいなもんでしょうね。
お漏らしが恥ずかしいという感情もバッチリ。

結局
入園後、3回ぐらいお漏らしして終わり。

砂場遊びに夢中になってそこで立ち尽くし系や、
トイレに向かうも便器前で敗北系などだったらしいです。

でもその後は全く問題無く。。。

一回、プールの水着の下に脱ぐの忘れてそのまま履いていた事件がありましたけど。

毎日、ちゃんとやれているらしいですね、あの幼稚園のトイレで。
家ではポジショニング的に自分で拭けずに、親を呼びますけど。

少し前までは時々、外出時に紙おむつを履かせていて、
「おしっこ」と言われてトイレがすぐ見当たらない時に、
今度は親の私がトイレ探しとタイムリミットに面倒臭くなって
「もうオムツでやっちゃえ、しょうがないで」と促すも、
逆にアコがもうそれを出来ない状態になっていました。

だいぶ我慢ができるように膀胱が鍛えられたのかな?
頭をブンブン振りながら我慢します、笑。

なので夜、就寝中も普通のパンツです。
いつかきっとオネショをする事もあるのだろうけど、
とりあえず無防備に普通パンツ。

外出先でもお漏らし、とか殆ど経験無いというか、
それだけ弱気で紙おむつやライナーに頼っていたから。。。

断乳エピソードと同じで、
ああ、こんな事で日々一喜一憂ワーワーギャーギャー言っていたんだ、と思うと
子供の成長を感じ、あの頃が懐かしくも思え、、、。

その時は、早く終わってくれ、うんざり、って思っていたのにね、
ちょおおおおおおイライラして。

イライラする割りには悩んでいたわけでもなく、
ズルズルと、他の家庭と比較する事もなく、
なんとなく時間が過ぎてこうなった、、、。

いろいろ結局いい加減で、結果オーライです。

幼稚園入園ってやっぱ子供にとっても親にとっても
かなりも転機ですわ。

トイレの蓋のトイレちゃんシールも、もう要らないそうです。
勿論、補助便座も不要。

どなたかに譲らないとね、そろそろ。k

ーーーーーーーーー
追記:よりによってこの記事の2日後に初オネショ、、、。
以前、布団屋に乗せられて買わされた超高級ムートンシーツの上で、、、
朝、アコにオネショを告白され飛び起きました。

クリーニングにも1回5万円とかする末恐ろしい代物を
身分不相応に所有してしまった代償、、、汗。

とはいえ汚れにくいので、拭き取りの繰り返しで、なんとか苦境は乗り越え
処理できた感じ、、、。

オネショは責められないので、

でも怖いけど、紙オムツにはなんとなく戻れないので、
アコが大人のベッドに移動してこないように
ベビーベッドに隔離する事に、、、。






広告を非表示にする